RSS | ATOM | SEARCH
仔馬の名「げんき」


4月初めに生まれた木曽馬ミフーの仔馬ですが、生後6週にしてようやく名前が決まりました。
「げんき」(元気)。

4月末に馬の会の年度始めの総会があって、そこで決める予定が、後半の親睦会(飲み会)の混乱?のために決まらず、後日メールによる投票も、あとからあとから新候補をあげてみたり(すみません私です)、一旦投票したあとでまた優柔不断で別の名前に投票しなおしたり(すみません私です)、期限を過ぎてから、また新候補や投票があったり(私だけじゃなかった。ほっ。)と、やはりメールではなかなか、すっきりと話がまとまらず、結局再びちゃんと集まって、仔馬の見えるところで、話し合うことになりました。
上がっている候補を一つずつ、検討していくとき、この名前で全員がピタッと止まったかんじでした。考えるほどに、しっくりとくる良い名前なのでした。いつも「げんき!」と呼ばれて育つ子はきっと元気になる気もします。
元気の名はミノの名付け親でもある茂木さんの案。茂木さんは療養中でお見舞いに行った松田さんに「げんきがいいよ」と言われたとか。ほんとうですね・・・。名の由来も良い。
めでたく一件落着したのでした。
仔馬は普通に甘噛みが多いですが、よく人に慣れてとてもいい子です。ほかの馬たちに対しても少々馴れ馴れしいほどに見えます。とてもスクスクのびのび育っているのだと思います。
ハルのときは苦労した無口も試しに付けてみるとすんなりでした。
ただしサイズがゆるゆるで使えなかったので、昔ミフーやミカが付けていた無口を参考に紐無口を研究中。


この約二ヶ月で、授乳というのは身を削ってするものだということを、絵に描いたようにわかりやすくミフーが痩せてしまい、今週からミフーのみフスマとトウモロコシの特別メニューを餌に加えました。
ほんとは新鮮な青草も腹いっぱい食べさせたい。

author:かんな馬の会, category:-, 15:58
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://umablog.kanna.info/trackback/132