<< 期間限定・2020年春まで・かんな馬の会の赤ちゃん基金 | main | 大沼のミフーたち繁殖牧区へ >>
「超神祭」で引き馬をした

牧から直線距離で300mほどの元神泉中学は現在、町の「多目的交流施設」として、日常的には図書室があって放課後の小学生がたむろったり、空き教室を利用したヨガ教室や撮影や、勉強会や会議などに利用されています。ちょうど一年前の種子法廃止のときに私たちは「種の勉強会」もここでしています。http://www.town.kamikawa.saitama.jp/gyouseijouho/kouryuu/2388.html

ここで31日に行われた「超神祭」というイベントで引き馬をしました。
牧には種付けの旅に出ている二頭が不在なので、高齢のハツガと若いセン(去勢したオス)のゲンキ二頭しかいません。なので二頭とも連れて行きます。
最後に、ハツガと選手交代してゲンキを休ませていたときの出来事。
私自身はお客様を載せたハツガを引いて歩いていたので、その様子を横目で見ていることしかできなかったのですが。
木に繋がれて草を食むゲンキに、よくあることですが、綱が足に絡んだ。それをうまく外せなかったようで、ちょっとバタついて木に繋いだ綱が外れ、ゲンキがフリーの状態になった。ゲンキはこれまで通り草を食ってるけど、気づいた人間は「あのまま、お客様のほうに行っちゃったらこわいな」とか想像しちゃう状況です。
そこで!人間が慌てちゃうと完全にやばいパターンですが、そこは馬の会初代会長和夫さん!何事も無かったかのように、つまり「急いでゲンキを捕まえる!」でもなく、ゆっくりゆったり気長な感じで、すうっとゲンキに近づいて身体を撫ぜて、踏みつけている綱を取ってやるよ、くらいの感じで(けっして捕まえるかんじではなく)馬の身体を押して踏まれている綱を取って、すんなりと捕まえ、元に戻す。
この「呼吸」はやっぱり毎日のように馬と顔を合わせ、何度も脱走!されてその対応をしてきた「馬との付き合いの時間」が作るものだと思います。この日、和夫さんに来てもらってよかったな、と思った瞬間でした。
馬を扱う人にはあたりまえのような、小さなことですが。
引き馬では、こどももおとなもみんな同じく、乗って馬が歩き出して顔に風が当たると「うあっ」と笑顔になります。
この日は赤ちゃん基金のチラシも配ることができました。
匿名で現金を寄付してくれた若者も。感謝です!
(若山)
| - | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://umablog.kanna.info/trackback/162
トラックバック