<< わらしべベーカリーの焼き菓子 | main | 妊娠鑑定 >>
神泉小の馬教室

毎年恒例の神泉小学校1,2年生の馬教室。

ここ神泉地区には平安から鎌倉時代に阿久原牧と呼ばれる「御牧」(朝廷の直轄牧場)が営まれていた歴史が残り、このことからもこの阿久原にある神泉小学校ではぜひ馬を飼うべき!、と、みなさん思いませんか。

   

まず馬とあいさつです。
「わたしはこんな匂いのヒトです。よろしく・・・。」と手の甲を馬の鼻へ。
馬の息に「えっ、温かい!」
   
   
ちょっと怖いけど、勇気を出して
   
   
ボロ(馬糞)をそれぞれの手に取って触ったり匂いを嗅いだりして観察したあとは、お掃除します
   
   
だんだん慣れてきました。これから手でブラッシング。
いろんなところをたくさん触ります。太ももに触れた子が思わず、うわ!やわらかーい。
   
   
引き馬乗馬の説明。落馬について、とか。
これはうちの娘で、説明。
「小さい頃に、二回くらいは落馬してるよね!」
「うん!長靴が脱げちゃった」そんなこともあったかな。
   
   
手放しで乗る。みんなすぐにバランス取れるようになる。
こどものこの柔軟性はほんとうにすばらしい。
  
  
短い時間でした。もっともっと馬に触れてほしいなあ、と思ったのでした。
(若山)
| - | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://umablog.kanna.info/trackback/168
トラックバック