<< ミフーハル帰ってきました! | main | かんな秋のアート祭り2019 >>
高原農場への放牧今年は遅いスタート

8月5日早朝7時くらいに到着。

移動のストレスや放牧中の事故リスクもあるけど、馬の健康には絶大の効果がある高原農場への放牧。

今年は再び全頭をという意見もあったけど、脱走リスクなど考えると設備面の整備が不十分で、今期は二頭のみ、全頭放牧は次期以降への目標にした。

選ばれた二頭は妊娠しているミフーとハル。

 

高齢のハツガは阿久原牧の留守番組。できるだけ青草を運んでやろう。

 

 

 

 

 

 

(若山)

| - | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://umablog.kanna.info/trackback/172
トラックバック