RSS | ATOM | SEARCH
訂正

ハルが生まれて4週間が経った。子どもらしく元気なじゃじゃ馬
という印象。お乳も良く飲んでいるけど、親の食べている餌を脇
で一緒に噛んでいるのも見かけるようになった。
ときどき人にお尻を向けることがあり注意している。

さて、一つ訂正。
先日ミノの体に丸みが出てきたか、と書いたけれどやはり人の眼
とは強い願望が交わることで無いものをも見てしまうようだ。全
くやせたままで、丸みは出ていないと、このすぐ後にあらためて
見て確認した。がっかりした。あらゆる意味で。
最近は夏毛に変わり、前よりもさらにやせて見えるほど。
母乳を赤ちゃんにくれている間は、やせこそすれ太ることはない
のかもしれない。子馬のほとんど驚異的な成長を見ていると、こ
の肉体の原料が、すべてミノから供給されていることに思い至り、
納得しつつもやはり驚く。
餌の量は十分に与えている。
4ヶ月も続いた深刻な下痢が出産後数日で治ってしまったように、
授乳期を終えたら、すぐに太りはじめると期待するばかり。


人間って困った存在だ。特に今のぼくのように言葉を書いている
ような人間のことを考えると、ホント参る。それは例えば上記し
たようなこと。よく間違えるということ。驚くほどに物が見えて
いないこと。見えていないことに気付かないということ。
(若山)

author:かんな馬の会, category:-, 09:27
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://umablog.kanna.info/trackback/23