RSS | ATOM | SEARCH
暮らしマルシェに参加します♪
11月5日(土)
株式会社カネザワ(埼玉県児玉郡神川町元阿保852)さんで開催される
「暮らしマルシェ」に参加します^^

 


「素敵なもの」「楽しいこと」「美味しいもの」たくさん!





【引馬体験 1回500円、親子ペア800円】

 

見て、触れて、乗って、馬の可愛さを全身で体験してください♪

 


 

 

 

 

 

 

かんな馬の会 馬と触れ合おう!

 


 

会員募集中!HPはこちら

 

★お世話を通して和種馬の魅力を知る絶好のチャンス!

 

★以前、カネザワさんが馬の会に遊びに来てくださった時の様子を

ブログに書いてくださっています→★こちら
author:かんな馬の会, category:イベント, 18:30
comments(0), trackbacks(0)
誕生


4月23日夜11時半ごろK夫さんから写真付きメールで第一報。
「午後9時過ぎ?に無事男子誕生しましたよー 親子共に元気でした」

今日から3日間たっぷりインプリントをします。
(若)
author:かんな馬の会, category:-, 04:56
comments(0), trackbacks(0)
ラパスの死
1月5日未明にラパスが亡くなりました。国立から移動してきて9ヶ月目でした。
ラパスとともに私たちに託された草の黄もその後、私たちの手を離れました。

山のような教訓。

馬のこと。人のこと。

死の原因は、はっきりしたことは言えません。9ヶ月間にわかっている具体的ないくつかの要因もあります。
前回の記事でラパスを痩せさせたのもその大きな要因のひとつと考えています。
が、その後回復できなかったことの要因があると思われます。
歯を含めた消化器官の疾患。
さらにその要因になるものがあったと思われます。一つの可能性として、精神的なストレスがあります。これはほんとうにつらいことですが、彼の心や精神、それを扱う私たち人間の心や精神についても考えることがたくさんありました。
また、ここへ来た時点で高齢の彼が抱えていたものも大きかったと思われます。これまで生きてきた環境(人、施設、食べもの・・・)、大きく変化したここでの環境。

私個人の根本的問題は、今ここで「はっきりしたことが言えない」ほどに、私は彼と真剣に向き合うことをせず親密な関係を作れなかったこと、でした。心が通うような経験がここではどの馬ともあります。ラパスとは二度ばかり、一対一で丸馬場で、落ちるビニール袋や乗馬のために人が踏み台に乗る行為(そんなことにビビる子でした)などに慣れる訓練、そしてはじめてジョインアップをした際、わずかに糸のようにかぼそい心の通いはあったと思います。しかしそのときだけでした。

この死を、無駄にしない。

(若山)
author:かんな馬の会, category:-, 07:03
comments(0), trackbacks(0)